Googleで “blink html” を検索すると、いにしえのBLINKタグが蘇る

皆さんお馴染み Google 検索 にはこっそりと隠されたイースター・エッグが存在し、知らないで検索すると普通にビックリします。実際さっきビックリしたので、記事にしてみました。
実は昔 (2014年) からあったネタですが、忘れかけてる頃に偶然遭遇するとやっぱりビックリしますよね…

有名どころでは、右図のように『“斜め” で検索すると、画面が斜めになる』というものがあります(“tilt”も同じ)。スマホ版のGoogleで一時期有名になりましたよね。PCでも斜めになります。

斜め

懐かしの BLINK タグ

今回ビックリした検索ワードは『“blink html”』です。

90年代のWebで一世を風靡した、懐かしのチカチカ点滅する <blink> タグ。現在のモダンブラウザではサポートが打ち切られてしまい、過去の遺産となっています。
今となっては <blink>点滅</blink> とタグを書いても、なーーーんにも点滅しません。寂しい。

のですが、そんな歴史を調べようとGoogleで調べてみると…

続きを読む Googleで “blink html” を検索すると、いにしえのBLINKタグが蘇る

Pocket

Webデザインってセンスがなきゃだめなの?の話を考える

ある種の趣味で過去にWebデザインをかじっていたのですが、Web系エンジニアとしていざ社会に出ると、その知識が思わぬところで意外と役に立つ場面が多いなーという実感があります。

しかしながら、自分の周りでエンジニアを見渡してみると、やっぱりデザインが苦手という話は結構受けます。そういう時に、自分なりに理論を伝えるのが難しかったので、改めてWebデザイン(ないしはデザイン系全体)に必要な要素を噛み砕いて、自分なりにまとめてみました。

よいWebデザインには美的センスが命?

「もっとデザイン良くしろって言われちゃったんだけど、俺にはセンスが無いから無理だよ」

よくある話ですが、良いWebデザインを達成するための必要条件が「美的センス」なの?と言われれば、結論から言えば私はNOだと思います。美的センスが無くても、”良い”Webデザインは全然できます。

勿論、美的センスがあればあるほど、Webが映える可能性は確かに高いので、十分条件にはなります。仮にWebを作る目的が『美しいデザインで人を感嘆させる』という目的だったとすれば、美的センスは欠かせません。しかし、そこまでいくと、デザインというより「アート」とか「アーティスト」の世界だったりするので、必須要素にはならないと私は思います。

続きを読む Webデザインってセンスがなきゃだめなの?の話を考える

Pocket

心機一転しました

あらためまして、Vilart です。

私、WORKLINE という個人サイトをスーパーひっそりと運営していたのですが、この度本格的にブログ形式に心機一転いたしました。

心機一転の経緯

経緯なんて誰が得するんだ、という感じですが、いわば私の「備忘録」なのでお許しください…。

もともと “TEXTS” というコンテンツがありまして、ブログ形式にする構想はひっそりとあったのですが、

  • 書くネタがそんなになかった
  • あっても別のコンテンツとして独立してた
  • 結果、ブログ的な事をあんまり書かなくなった
  • そもそもお前のコンテンツはほぼ誰も見てない
  • そもそもTwitterでも呟き少ないお前がブログを書けるのか

みたいな理由がありまして、あんまり乗り気じゃなかったのですが、今回サーバー整理をしようかなというタイミングが重なり、ようやく重い腰を上げてブログにしました。

いや、ブログにしたというか、そもそも前からコンテンツはWordPressで書いてたんです。

でも、オリジナルデザインのWebサイト、凝ったことするといろいろ面倒で、正直メンテもあまりしてなかったせいで、スマートフォン対応とか、SNSとか、時代の流れとかに対応できずじまいだったんですね。だったら、もう新しいのはWordPress標準でええやん、ということで、シンプルなブログのような体裁でリスタートしようかと思います。それでも気に入らないところ弄ってるんだけど。。。

ついでにサーバーもドメインも新調しました。私は通称「ハッとしてサーバー」と呼んでいます。
今後は http://vilart.hatt.pw/ にリンクをお願いします。サイト名はおんなじ “WORKLINE” です。

続きを読む 心機一転しました

Pocket